2015年10月26日

悪意

4167PA74JML.jpg
東野圭吾「悪意」またしても、最後にアッと驚く展開。東野圭吾が将棋をやったら強いんじゃないかなあ。
羽生 善治が子供の頃、父親と将棋をして、終盤に父親の形勢が悪くなった時、将棋盤を180度回転して入れ替えてやって強くなったみたいな事を読んだ事がある。それなので、子供の羽生は最後までこれがもし逆の立場だったらどうする?とか、相手の立場になって幾重にも形勢逆転の手も考えながら指して上達したわけだねえ。
posted by あたろう at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。