2016年05月31日

天才

51S7T9mqinL__SX335_BO1,204,203,200_.jpg
石原慎太郎が田中角栄の一人称で描いた小説風自伝もどき?
田中角栄の金権政治を真っ先に批判した石原に、まるで芥川賞の様な平易な短い、でもウイットに富んだものを書かせたのは、やはり幻冬舎の見城徹氏の成せる業でしょうか。
角栄を描いた本はどれもとっても面白い!まるで小説を読んでいる様だ!
これを皮切りに、田中角栄に関する本の多読が始まった!!
posted by あたろう at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。